しっかりとした確認を

木造の家

現在の取り組みやトレンドとは

エレベーターの点検は毎日その利用者が事故に巻き込まれないためにもとても大切なことです。 2006年に起きた事故を契機として2008年には建築基準法に基づく定期検査の方法が見直されることになりました。 これによって一定の要件を満たす公共建築物等については、建築物と建築設備について点検の義務付けがされています。エレベーターについては用途や規模に係わらず点検の対象にされていて、1級建築士の有資格者による検査を毎年受けなければなりません。工場等の一定条件を満たす場合のエレベーターについては指定機関による年に1回の定期検査を受ける必要があり、同時に事業者の自主検査も義務付けられています。 これらの法定点検が規定されていて所有者等には検査を実施して公共の安全に資することが期待されています。

そのサービスを利用する方法とは

エレベーター点検は高度な精密機器でもあり機械装置の集合体でもあります。そして何よりも人命を預かる大切な搬送機器でもあります。これにはメンテナンス作業が欠かせません。これを専門に請け負うサービス業者があります。 業務内容としては、エレベーター全般や小荷物専用の昇降機等を含む保守点検や修理、改修や設計と施工、法定検査などを行うものです。 サービス内容としては故障回線などを利用して1年365日、24時間休み無く緊急時のコールに対処するようになっています。 サービス担当者は確実に目視の点検で安全確認を行っており、メンテナンスについては全メーカーをカバーしています。 工程では定期点検及び整備の実施、法令検査、総合維持管理でハード面までカバーしています。

LEDに変更する

メンテナンス

LED照明は電気料を削減することができ、寿命が長いことからとても人気があります。また、場合によってはLED工事が必要となるので設置するための場所や費用をしっかりと検討していくことが大切です。

Read more

来訪者の確認

設計する

インターホンは画面で来訪者の顔を確認することができるものも多く誕生しています。犯罪を未然に防ぐことができ、怪しいと感じた場合は玄関を開けずに済みます。自分で簡単に取り付けることが可能なものもあります。

Read more

このエントリーをはてなブックマークに追加